Pマークでコンサルが大成功します|企業の飛躍のために

視認性を高める

オフィス

色やそのデザインの持つ視認性を考える

社員証の視認性を高めるには、イラストや画像を駆使する事が大切です。情報として人間がすぐに目に飛び込ませるのは、文字ではなくそうした部分だと科学的にもデータが出ています。これは広告や他の媒体でもよく言われている事ですから、その考えを社員証に活かす事も出来ます。まず、企業のアピールを行いたい場合にはロゴは欠かせません。左上の一番目の届きやすい位置に配置するのが一般的ですが、より目立たせる方法があります。その部分だけ背景を白の切り抜きにすると、そこだけに目を向かせる事が出来ます。その場合、周りの色は少し濃い色にして下さい。濃い色の中に白の空間を作るだけで、そこをアピールポイントに出来るのです。こうした色合いが持つ特徴を活かしたデザインを選んでみましょう。

複数の既存デザインを組み合わせる

この世に1つとして同じ企業が存在しないのと同じように、社員証も全く違った個性あるものに仕上げたいものです。自分の会社にしかない良さを狭いカード状の空間内でアピールする技術が求められます。社員証作りを専門としている企業では、予め決められたデザイン従って作れるようにメニューが揃っています。しかし、これに従い過ぎると勿論の事ながら、他社と被りやすくなってしまいます。どの企業と同じデザインと言う事を業者側で把握しているわけでもないため、オリジナル性は全て利用者に委ねられます。そこで、2つ以上の既存デザインから良い部分を組み合わせて選ぶと言う工夫方法があります。これなら同じものは生まれにくいですし、過去の事例から洗練されたデザインが生まれる確率も高まります。